製品カタログ   ご要望・ご質問   リンク   サイトマップ
製品検索
最新号 ...|.. いのちの環 ...|.. 白鳩 ...|.. 日時計24 ...|.. 次号
いのちの環 表紙

2024年2月号

いのちの環 No.167

―自然と人との調和を目指す―
25 歳以上の男女を読者対象にした生長の家の総合誌
〈A5判、64ページ(本文)、オールカラー〉
内容についてのお問い合わせは inochinowa@kyobunsha.jpまで

品名 定価 注文
いのちの環 No.167 (2024年2月号) 352
(税・送料込)
いのちの環 No.167 (2024年2月号) より1年間 3,850
(税・送料込)
インタビュー核のゴミを未来世代に押し付ける原発はやめるべきである

2011年3月11日、東日本大震災によって発生した福島第一原発事故──。すでに13年が経とうとしている現在も、収束に向けた道筋がいまだ見通せない状況が続いており、2023年8月からは、原子炉を冷却するために使用した処理水の海洋放出が行われ始めた一方で、日本では原発再稼働の動きが進んでいる。「原発事故は終わっていない」と警鐘を鳴らす元京都大学原子炉実験所助教に、福島第一原発事故の真相や現状、今後の見通し、なぜ原発に反対するのかについて聞いた。

特集 神性に目覚める



愛としのための祈り
谷口雅宣(生長の家総裁)

聖典をひらく
谷口雅春(生長の家創始者)

を愛するか
谷口清超(前生長の家総裁)


●美のステージ
明るい歌声を響かせ、身心ともに若返る
●コラム 悠々味読(156)
眉間を伸ばせばうつが消える!? 心と表情はつながっている
●私のこの一冊
『日々の祈り 神・自然・人間の大調和を祈る』
●生長の家の教えを学びましょう
「富を得るにはどうしたらいいか」
●匿名体験手記
母の峻厳なる愛に導かれ、ヤクザな生き方から信仰の世界に
●信仰随想
生徒たちの実相を祈り、讃嘆することで神性が現れる
●生長の家が進めているPBSの活動を紹介します
●くらしの手しごと(44)
「あんしん針刺し」
●特集 神性に目覚める 私のターニングポイント
「神は愛なり」の教えに救われ、不安から解放される
●広げよう、いのちの環
「離婚し、落ち込んでいたとき、思わぬところから救いの手が」(1)
(中華民国)
●マイギャラリー 絵と人生(13)
真冬、雪が降り積もるさまを描いた「雪の室生寺金堂」
●Q&A誌上カウンセリング
Q1 悲しい過去を断ち切りたい
Q2 定年後、妻に孝行したいが
●俳壇・俳句への招待
●絵手紙ぽすと
●読者のページ
●生長の家インフォメーション
生長の家の生活法とは?
●人生の光となった言葉(99)
「“内部理想”を生きる」

その他の月刊誌
白鳩
白鳩
地球を愛する
心美人たちへ
日時計24
日時計24
U-24にすすめる
生長の家の
生き方マガジン

月刊誌『いのちの環』No.167(2024年2月号)で紹介された主な製品