カタログ請求   ご要望・ご質問   リンク
 
製品検索
最新号 ...|.. いのちの環 バックナンバー ...|.. 白鳩 バックナンバー ...|.. 日時計24 バックナンバー ...|.. 次号予告




いのちの環 表紙
2018年12月号  
いのちの環  No. 105

―自然と人との調和を目指す―
25 歳以上の男女を読者対象にした生長の家の総合誌
〈A5判、64ページ(本文)、オールカラー〉

内容についてのお問い合わせは inochinowa@kyobunsha.jpまで

品名 定価 注文
いのちの環 No.105 (2018年12月号) 1冊 345
(税・送料込)
いのちの環 No.105 (2018年12月号) より1年間 3,780
(税・送料込)


特集 自然と調和する3つの方法
温暖化の原因となる二酸化炭素を排出せず、健康増進にも役立つ自転車で移動する。有機肥料、無農薬で野菜を育てて肉を使わない料理を食し、食卓から地球環境を守る。自然の素材や再利用した材料を使い、日用品やアクセサリーなどを手作りする。 ──そんな自然と調和するための3つの方法を紹介します。


・ルポルタージュ1 自転車
自転車で走ることで開けた心が豊かになる世界


・ルポルタージュ2 オーガニック菜園
オーガニックの野菜作りで、自然との調和の大切さを実感


・ルポルタージュ3 クラフト
もののいのちを生かして使い、新たないのちを吹き込む


・PBSの紹介


「人間は自然そのもの」と知る祈り
谷口雅宣(生長の家総裁)

聖典をひらく 魂の乗物としての肉体を訓練せよ
谷口雅春(生長の家創始者)

病気を卒業する
谷口清超(前生長の家総裁)


●美のステージ
ジャンルや画法に囚われず心に響くものを描く
●自然の声を聴く
自然とともにある暮らしをこよなく愛して
●信仰随想
「病気はないんですね」今も耳に残る喜びの声
●コラム 悠々味読(94)
ヒトは腸内細菌と共生する“複合生物”
●連載 人生が楽しくなる自転車(6)
目的別の自転車の選び方(1)
工芸品と称されるロードバイク
●連載 今、憲法を考える(最終回)
“押しつけ憲法論”を検証する
●特集(2) 心を明朗にする 私のターニングポイント
「神様に守られ、上部大動脈解離から生還できました」
●広げよう、いのちの環
菜食主義者としての生き方は正しかった(1) (ドイツ・ウーラー市)
●連載 仏を彫り出す(12)
「大黒柱の意味も持つ竈に祀る大黒天」
●森からのエコルポ(53)
富士山麓の清掃活動を通して美しい自然環境を保護する
●マイタウン、マイファミリー
「来るものは拒まず」の姿勢で、3つの役を楽しくこなす
(さいたま市中央区)
●私のこの一冊
『神さまと自然とともにある祈り』
●Q&A誌上カウンセリング
「夫の飲酒癖を何とかしたい」
●俳壇・俳句への招待
●絵手紙ぽすと
●読者のページ
●生長の家インフォメーション
生長の家の生活法とは?
生長の家冬季青少年練成会のご案内

バックナンバーはこちらへ

その他の月刊誌

白鳩

白鳩

地球を愛する心美人たちへ



日時計24

日時計24

U-24にすすめる生長の家の生き方マガジン