製品カタログ   ご要望・ご質問   リンク   サイトマップ
製品検索
最新号 ...|.. いのちの環 バックナンバー ...|.. 白鳩 バックナンバー ...|.. 日時計24 バックナンバー ...|.. 次号
いのちの環 表紙
2021年3月号  
いのちの環  No. 132

―自然と人との調和を目指す―
25 歳以上の男女を読者対象にした生長の家の総合誌
〈A5判、64ページ(本文)、オールカラー〉

内容についてのお問い合わせは inochinowa@kyobunsha.jpまで

品名 定価 注文
いのちの環 No.132 (2021年3月号) 352
(税・送料込)
いのちの環 No.132 (2021年3月号) より1年間 3,850
(税・送料込)

立ち読み PC/IOS/Android


ウイルスと共に生きる
新型コロナウイルスの感染拡大で世界が混乱する今、私たちはこのウイルスとどう向き合い、ウイルスから何を学ぶべきなのか。また、ウイルスとはどんなもので、人間に害を及ぼす“悪者”なのかなどについて、ウイルスの研究者として知られ、ウイルスに関する著作も多い東京理科大学理学部教授にインタビューしました。

・インタビュー
撲滅しようとするのではなくウイルスとの共生を目指すべき


普遍なる神の無限を観ずる祈り
谷口雅宣(生長の家総裁)

天下無敵となる祈り
谷口雅春(生長の家創始者)

明るい心になろう
谷口清超(前生長の家総裁)


●美のステージ
亡き妻に献げる慰霊の弦楽五重奏
●私のこの一冊
『光が闇を消す如く』
●匿名体験手記
両親への感謝に目覚めたとき、運命が好転し、家族も幸せに
●信仰随想
酒を飲んで暴れる父は観世音菩薩様だった
●コラム 悠々味読(121)
“ゆっくり”がいい!? 生き生きした時間のために
●くらしの手しごと 今あるもので(9)
「手づくり封筒」
●特集(2) 神の子人間は不死不滅  私のターニングポイント
「必ず良くなると信じ、神様に全托することで仕事の不安が消えました」
●広げよう、いのちの環
父の一言で練成会に参加、希望の涙を流す(2)
(ブラジル、リオ・グランデ・ド・スール州パッソ・フンド市)
●一瞬の出合いを求めて(14)
幻想的な光景が広がる 満潮時、夕暮れ時の長部田海床路
●Q&A誌上カウンセリング
Q1 在宅勤務に集中できない
Q2 2人の息子の仲がこじれて
●俳壇・俳句への招待
●絵手紙ぽすと
●読者のページ
●生長の家インフォメーション
生長の家の生活法とは?
●人生の光となった言葉(64)
「人間は神の最高の自己実現である」

次号予約はこちらへ

バックナンバーはこちらへ

その他の月刊誌

白鳩

白鳩

地球を愛する心美人たちへ



日時計24

日時計24

U-24にすすめる生長の家の生き方マガジン


月刊誌『いのちの環』No.132(2021年3月号)で紹介された主な製品

聖経版 真理の吟唱
谷口雅春【著】

  新選 谷口雅春選集 18
生命の謎

谷口雅春【著】

新版 光明法語〈道の巻〉
谷口雅春【著】

  新選 谷口雅春法話集3
幸福の原理

谷口雅春【著】
光が闇を消す如く
谷口清超【著】

  日時計主義とは何か?
谷口雅宣【著】

日時計日記 2021年版
谷口純子【監修】