カタログ請求   ご要望・ご質問   リンク
製品検索
近刊情報 ...|... 代表的な書籍 ...|... ブックレビュー ...|... ランキング ...|... 聖典ガイド


おすすめ製品!


日常生活の中に見る真理の核心を解説!

日常生活の中の真理 仏典篇


自然と調和した人間の生き方を明快に示す!

小閑雑感 Part 8



聖典・書籍

 
 
イスラームへの誤解を超えて
世界の平和と融和のために

カリード・アブ・エル・ファドル(著)
about

 

米谷敬一(訳)
about

 


定価 1,851円 (本体 1,714円+税)

▽四六判・並製/344頁
ISBN978-4-531-08165-3
初版発行 2008年7月
日本教文社刊

数量

【内容紹介】

―日本図書館協会選定図書―

◆真のイスラームを求めて:穏健派からの「良心の声」

真のイスラームは暴力と流血とテロの宗教ではなく、「慈悲」「思いやり」「寛容」の宗教だ――
大多数を占める穏健派イスラームの思想を明らかにし、世界の未来のためにイスラームの進むべき道を示した、世界的権威からの英知に満ちたメッセージ。
地球上に13億人のムスリム(イスラーム信徒)が生活している現状において、この世界第2の宗教の人間観・道徳観・世界観を正しく知るための必読書です。
読者の方々の、イスラームに対するイメージが大きく変わる本。

*真のイスラームは決して非人道的行為を認めない
*過激派は歴史の中でどのように生まれ、なぜ大きな勢力となったのか?
*イスラームは本当に他の宗教・文化を認めないのか?
*イスラームの教えは本来民族主義ではなかった
*真の「ジハード」とは異教徒との「聖戦」でなく、欲望との戦いと善のための努力である
*厳格主義か穏健主義か? イスラーム世界が直面する2つの選択肢
*イスラームへの無関心・偏見・嫌悪こそが、テロリズムの温床に
*イスラームに受けつがれてきた人権思想の長い伝統とは?
*イスラームにおける女性の自由と権利

(原著タイトル)
THE GREAT THEFT: Wrestling Islam from the Extremists by Khaled M. Abou El Fadl (2005)


【目次より】
日本語版への序文
はじめに

第1部●真のイスラームをめぐる闘い
第1章 過激派と穏健派の分裂
 穏健派と厳格主義者:用語について

第2章 現代のイスラームをめぐる問題の根源
 宗教的権威をめぐる戦い
 宗教的権威の空白の本質

第3章 初期のイスラーム厳格主義
 ワッハーブ派の起源
 サラフィー主義の起源

第4章 現代のイスラーム厳格主義者たち

第2部●穏健派と厳格主義者はどこがちがうのか
第5章 あらゆるムスリムに共通する義務
 1.信仰告白(シャハーダ)
 2.礼拝(サラート)
 3.断食(サウム)
 4.喜捨(ザカート)
 5.巡礼(ハッジ)

第6章 神と創造の目的
第7章 法と道徳の性質
第8章 歴史と近代性へのアプローチ
第9章 民主主義と人権
第10章 非ムスリムと救済について
第11章 ジハード、戦争、テロリズム
第12章 女性の本質と役割
結び
謝辞/訳者あとがき/原註


2006, Sekai-Seiten-Fukyu-Kyokai all rights reserved.

あわせて買いたい製品



谷口清超ヒューマン・ブックス7
キリスト
イエスの神秘的生涯とその解説