カタログ請求   ご要望・ご質問   リンク
 
製品検索
最新号 ...|.. いのちの環 バックナンバー ...|.. 白鳩 バックナンバー ...|.. 日時計24 バックナンバー ...|.. 次号予告




白鳩 表紙
2017年10月号  
白鳩  No.91
―地球を愛する心美人たちへ―
25 歳以上に向けた女性誌
〈A5判、64ページ(本文)、オールカラー〉
内容についてのお問い合わせは shirohato@kyobunsha.jpまで

品名 定価 注文
白鳩 No.91 (2017年10月号) 1冊 345
(税・送料込)
白鳩 No.91 (2017年10月号) より 1年間 3,780
(税・送料込)

立ち読み PC/IOS/Android


特集 心を育む「子ども食堂」
子どもの貧困が、いま社会問題となっていることをご存知ですか。家庭の事情により満足な食事をとれない子どもたちを支援する取り組みが「子ども食堂」です。子どもたちに心身ともに元気に育ってほしい──そんな願いから、子ども食堂の活動が広がっています。

・ルポ1

心があったかくなる、みんなで一緒に食べるごはん
長坂子ども食堂(山梨県北杜市)

生長の家が山梨県北杜市で行っている「長坂子ども食堂」は、 毎月1回、第3日曜日に開かれ、子どもたちに昼ごはんを提供している。 和気あいあいとした雰囲気の中、ボランティアスタッフが運営にあたり、 子どもたちの笑顔があふれている。

・ルポ2
ノーミートの食事と、楽しい勉強会で盛り上がる子ども食堂
子ども食堂むさしだい(東京都府中市)

生長の家東京第二教区では、今年2月から子ども食堂の取り組みを始めた。 教区ならではの豊富な人材が、それぞれの力を発揮し、 チームワーク良く運営されている。

子どもの貧困と、全国に広がる子ども食堂

・ポイント解説
温かく心のこもった手作りの食事で、子どもたちの心に喜びを


フォトエッセイ 祈りは内在の神を展開する
谷口雅春〈生長の家創始者〉

日々わくわく 分かち合いの社会
谷口純子〈生長の家白鳩会総裁〉

まず献げましょう
谷口雅春〈生長の家創始者〉


●信仰随想
たくさんの愛に支えられて
●体験手記
父母から愛されていたことに気づき、いま、心からの幸せを感じて
●出会いを聞かせて
出会いから1カ月後、お付き合いがはじまる
●私のブック&シネマライフ
シネマ『やかまし村の子どもたち』
ブック『医師として 母として』
●むかしむかし、あったとさ
坊さんとタコ  文/中村栄美子 絵/すずき大和
●つくる、祈る、日々の生活(15)
花のいのちを生かす押し花
●“森の中のオフィス”食堂レシピ
秋の味覚をシンプルにいただく 長ネギときのこのローストマリネ
●“森の中のオフィス”厨房通信
環境負荷のより低いものを選ぶ
●信仰の年輪
1969年に家族で渡米、カリフォルニアでの生活が始まる
●私のエコライフ
子どもたちに、手作りの自然の味を伝えたい
●ひかりのステージ(読者投稿のページ)
おしゃべり広場/わが家の赤ちゃん
●女性のためのQ&A
「人前で話すのが恥ずかしい」
●みるみる
よい子に育つ絵本&童話セレクション
●ゼロから学ぶ憲法Q&A(10)
「国家の『自衛権』って、なに?」
●ママナビ
しあわせな食卓
●白鳩歌壇 選・小島ゆかり
●白鳩書壇 選・村上秀竹
●地域のサポーターを訪ねて
子どもたちの無限力を引き出したい
(静岡県袋井市「袋井生命学園」園長)

バックナンバーはこちらへ

その他の月刊誌

いのちの環

いのちの環

自然と人との調和を目指す



日時計24

日時計24

U-24にすすめる生長の家の生き方マガジン