製品カタログ   ご要望・ご質問   リンク   サイトマップ
製品検索
お申し込み方法 ..|.. お支払い方法 ..|.. お届けについて他 ..|.. プレゼントのご注文方法 ..|.. 特定商取引法に基づく表記 ..|.. SSL(暗号化通信)について


SSLとは?

SSL(暗号化通信)とは?

「SSL(Secure Socket Layer)」とは、米Netscape Communication社で開発された、WebブラウザとWebサーバの間でやり取りする情報を暗号化して送受信するプロトコルのことです。通信データの暗号化と認証を行うことにより、通信の傍受と改ざんを防止します。

【ご注意】
ご利用のOSやご使用のブラウザがSSL通信に対応していない場合、SSL対応のページがうまく開かない場合があります。

<対応OS>

  • Microsoft Windows XP SP3 以降
  • Microsoft Windows Server 2003 (SP2 + Hotfix KB2868626) 以降
  • Microsoft Windows Phone 7 以降
  • Apple Mac OS X 10.5 以降
  • Apple iOS 3.0 以降
  • Google Android 2.3 以降
  • RIM BlackBerry 5.0 以降
対応しているブラウザを使っていれば初期状態で設定されており必要なときには自動的にSSLが使われます。

※もし、上記のバージョン以外のブラウザをご使用の場合は、誠にお手数ですがバージョンアップまたはSSL対応ブラウザへの切り替えをお願い致します。

<対応ウェブブラウザ>

  • Microsoft Internet Explorer 6 (Windows XP SP3) 以降
  • Google Chrome 1.0 以降
  • Firefox 10.0 以降
  • Safari 3.1 以降
  • Opera 5 以降
※ Windows Vista 以降では、マイクロソフト社のサイトよりルート証明書を取得するため、インターネットへの接続が必要になります。

<EV SSL対応ウェブブラウザ>

※ アドレスバーがグリーンになる対応ブラウザです。

  • Microsoft Internet Explorer 11 (Windows 8.1)
  • Microsoft Internet Explorer 10 (Windows 8、Windows 7)
  • Microsoft Internet Explorer 9 (Windows 7、Windows Vista)
  • Microsoft Internet Explorer 8 (Windows 7、Windows Vista、Windows XP SP3) ※
  • Microsoft Internet Explorer 7 (Windows Vista、Windows XP SP3) ※
  • Firefox 3.02 以降
  • Apple Safari 3.2 以降
  • Opera 9.50 以降
  • Google Chrome 1.0 以降
※ グリーンバーについては、こちらをご覧ください。
 

対応しているブラウザを使っていれば初期状態で設定されており必要なときには自動的にSSLが使われます。
※もし、上記のバージョン以外のブラウザをご使用の場合は、誠にお手数ですがバージョンアップまたはSSL対応ブラウザへの切り替えをお願い致します。

<バージョン条件は満たしているのに障害が発生する場合>

ブラウザの通信暗号化方式 「TLS1.2」以上への設定を行って下さい。設定方法は以下の通りです。

【Internet Explorer 11.0 の場合】
(1) Internet Explorer を起動してください。
(2)【ツール】→ 【インターネット オプション】の順にクリックしてください。
(3)【詳細設定】タブをクリックしてください
(4)【TLS 1.2 の使用】にチェックを入れてください。
※SSL 3.0 は脆弱性が確認されています。チェックを外すことで SSL 3.0 を利用した通信は行われなくなります。
※TLS1.2への設定ができなかった場合のお問合わせは、各ブラウザ提供元にお願いいたします。


 【Firefox の場合】
(1)FirefoxのURL欄に”about:config”と入力し、アクセスしてください。
(2)動作保証対象外となる警告画面が表示されますが、先へ進んでください。
(3)詳細設定画面にて設定名「security.tls.version.max」の値を“3”に変更してください。
(4)Firefoxを再起動し設定を反映してください。
※TLS1.2への設定ができなかった場合のお問合わせは、各ブラウザ提供元にお願いいたします。

 【Google Chrome の場合】
(1)Google Chromeを起動し、右上のメニューボタンをクリックします。
(2)表示されたメニューより「設定」をクリックします。
(3)表示された設定画面の最下部にある「詳細設定」をクリックします。
(4)表示されたメニューからシステム内にある「プロキシ設定を開く」ボタンをクリックします。
(5)表示されたインターネットのプロパティ画面の詳細設定タブを開き、【TLS1.2の使用】にチェックを入れてください。
(6)適用ボタンをクリックした後、最後に【OK】をクリックしてください。以上の設定でTLSが有効になります。Google Chromeを再起動してください。
※TLS1.2への設定ができなかった場合のお問合わせは、各ブラウザ提供元にお願いいたします。

 【Safari の場合】
Safari をご利用の場合、Safari 最新版にアップデートをお願い致します。

 【Android の場合】
Android 5.0.2以前をご利用の場合、Android 5.0.2以降にアップデートをお願い致します。

 【iOS の場合】
 iOS 8以前をご利用の場合、iOS 9以降にアップデートをお願い致します。

 

SSL(暗号化通信)の必要性について

 お客様が普段利用しているインターネットや電子メール(非SSL)では、実はその内容を他の人にのぞかれてしまう可能性があります。はがきの様に書かれていることが見えてしまうのと同じ状態でさまざまな情報がやりとりされているのです。つまり、悪意のある人には情報を簡単に盗まれてしまう可能性があります。

 そこで、封筒に手紙を入れて送るのと同様に、伝える内容を暗号化することで、その危険を防ぐことができます。この技術を「SSL(Secure Socket Layer)」といい、情報を暗号化することで、他の人が読めない状態にし、データの盗聴や改ざんを防止して情報を安全に送信する事ができる機能のことです。


  • SSLは情報を暗号化することで、データの盗聴や改ざんを防止する
    機能があります。
  • SSLを利用する事でより安全に情報を送信する事が可能となります

 

SSLのページを見分けるには?

 SSLを利用したウェブページは、ページアドレスが「http://」から「https://」になり、ブラウザのアドレスバー欄に鍵マーク等が表示されます。

名アルゴリズム欄に「sha256」と記載されていればSHA-2、「SHA-1」と記載されていればSHA-1です。

 SHA-1,SHA-2の確認方法

 ● Microsoft Internet Explorer 11.0の場合






 ● Google Chromeの場合







 ● Firefoxの場合









 

グリーンバーの表示について

 2019年8月、Google Chrome76およびFirefox70ブラウザーは、EV証明書の強調を削除するためにユーザーインターフェイスを再設計する計画を発表しました。 iOS12上のAppleSafariとMacOSMojave(2018年9月にリリース)は、EVステータスの視覚的な区別を削除しました。

Extended Validation Certificate    https://en.wikipedia.org/wiki/Extended_Validation_Certificate

 緑色のバーは、現在Internet Explorerとレガシー版のMicrosoft Edgeで対応しています。

※ EV(Extended Validation)証明書のブラウザアドレスバー表示については、企業名(団体名)が表示されるもの、鍵マークだけが表示されるもの等OS、ブラウザによって表示方法が異なります。
EV証明書の特徴として、「アドレスバーに企業名が表示される」「アドレスバーがグリーンになる」と表記しておりますが、ブラウザごとに表示方法が変わってきており、スマートフォンなどでは企業名が表示されない場合があります。


ブラウザ 対応バージョン
Internet Explorer 7.0 以降
Firefox 3.0.0 以降
Goole Chrome 1.0 以降
Opera 9.5 以降
Safari 3.2 以降、iOS版

・Internet Explorerの場合

アドレスバー全体の背景が緑色になります。
ウェブサイトの運営主体の組織名と、EV SSL証明書を発行した認証局名が交互に表示されます。
Internet Explorer

・Firefoxの場合

アドレスバーの左側が緑色になり、ウェブサイトの運営主体の組織名が表示されます。
Firefox 70以降は、緑色でなく、灰色でEVを表示します。
Fire Fox

・Google Chrome の場合

URLの一部が緑色になり、ウェブサイトの運営主体の組織名が表示されます。
(*) Chrome 69以降は灰色になりました。
Internet Explorer

・Opera の場合

アドレスバーの右側が緑色になり、ウェブサイトの運営主体の組織名が表示されます。
Opera

・Safari の場合

タイトルの右側が緑色になり、ウェブサイトの運営主体の組織名が表示されます。
Safari on PC

・Safari (iOS)の場合

ウェブサイトの運営主体の組織名が緑色で表示されます。
Safari on iOS

 

 

 

(一財)世界聖典普及協会では

 当サイトでは、セキュリティ保護のため、アルファSSLサーバ証明書を使用し、強度なSSL暗号化通信を実現しています。
 トップページにあるサイトシールのクリックにより、サーバ証明書の検証結果をご確認ください。



2002, Sekai-Seiten-Fukyu-Kyokai all rights reserved.