製品カタログ   ご要望・ご質問   リンク   サイトマップ
製品検索
最新号 ...|.. いのちの環 バックナンバー ...|.. 白鳩 バックナンバー ...|.. 日時計24 バックナンバー ...|.. 次号
いのちの環 表紙
2020年8月号  
いのちの環  No. 125

―自然と人との調和を目指す―
25 歳以上の男女を読者対象にした生長の家の総合誌
〈A5判、64ページ(本文)、オールカラー〉

内容についてのお問い合わせは inochinowa@kyobunsha.jpまで

品名 定価 注文
いのちの環 No.125 (2020年8月号) 352
(税・送料込)
いのちの環 No.125 (2020年8月号) より1年間 3,850
(税・送料込)

立ち読み PC/IOS/Android


特集 自然から学ぶ

自然に揺るぎない畏敬の念を抱きながら、「より美しく、より力強く、より凄まじく」をモットーに目では捉えられない、鳥の“野生の瞬間”を写真に撮る──40数年にわたって鳥の生態を追い続けている野生生物写真家にインタビューしました。

・インタビュー
自然に畏敬の思いを持ち、野鳥の生態を撮り続ける

野生生物写真家の彼は、カワセミ、アカショウビン、シマフクロウ、ヤマセミ、ゴクラクチョウなどの、肉眼では捉えられない“野生の瞬間”を撮影し、世界的に高い評価を得ている。「人は、自然と人なくしては生きられない」と語る。カワセミやアカショウビンとの出合いや、撮影にまつわるエピソードなどを中心に、鳥の写真を撮り続ける理由と自然への思いについて聞いた。



ボードゲーム
「コロナバスターズ」について

谷口雅宣(生長の家総裁)

聖典をひらく 神の生命と智慧と愛とを讃嘆する祈り
谷口雅春(生長の家創始者)

よいことで頭が一杯

谷口清超(前生長の家総裁)


●美のステージ
邪心を捨てて心を浄め尾戸焼の茶陶作りに励む
●匿名体験手記
人生に起こるすべての出来事は、自分の魂を高めてくれるもの
●信仰随想
神様に導かれて、精神の不安定を乗り越える
●コラム 悠々味読(114)
感動する心を養う 日時計主義の実践
●くらしの手しごと 今あるもので(2)
木の実や枝の額かざり
●特集(2) 明るい心で再出発する  私のターニングポイント
「重度の鬱病と眼病が、祈り合いの神想観で完全に癒やされました」
●広げよう、いのちの環
子どもの教育に悩んでいた時、 生長の家の教えに触れて(1)
(中華民国(台湾)・台中市)
●一瞬の出合いを求めて(8)
季節を豊かに彩ってくれる睡蓮の花、ひまわり、タンポポの綿毛
●マイタウン、マイファミリー
母親から受けた継いだ生き方を信仰で磨きをかけて
(長崎市)
●私のこの一冊
『神さまと自然とともにある祈り』
●Q&A誌上カウンセリング
「余命宣告を受けた夫。どうしたら?」
●俳壇・俳句への招待
●絵手紙ぽすと
●読者のページ
●生長の家インフォメーション
生長の家の生活法とは?

次号予約はこちらへ

バックナンバーはこちらへ

その他の月刊誌

白鳩

白鳩

地球を愛する心美人たちへ



日時計24

日時計24

U-24にすすめる生長の家の生き方マガジン